普段ご利用している車の価値が気になった場合に活用したいのが

愛車を友人や知人に売却するときは、知っている人だからと安心する

愛車を友人や知人に売却するときは、知っている人だからと安心するのは危険です。



やるべき手続きをしていなければ、無駄な出費を支払うことになるかもしれません。後で大きな問題が発生しないように重要な名義変更などの手続きは忘れずにちゃんとしておきましょう。

近頃では、車の買い換えを行う際、専門の買い取り業者に車の査定を頼む人が大勢います。

ところで一つ気にしておきたいことがあり、売りたい車の事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。
売買契約時に店と契約書を交わします。そこに記載されている買取査定規約を見てみると、これには、車を売る人がその車の事故歴を把握しているならそのことを申告する義務について記されています。
なので、事故歴や修復歴があるのを知っていながら、それを相手に伝えていなかった場合には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも事後減額要求が可能になっております。
事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。車を売る時には必要書類をあらかじめ準備しておきましょう。
買取に必須の書類は車検証・車庫証明・保険料納付書ですね。
また、車両の説明書が残っているならば、買取価格が少し上がるようです。想像以上に入手が面倒な書類が必要書類でもある車庫証明です。ですので、出来るだけ早く書類を揃えた方が良いのではないでしょうか。

車の査定において、事故や災害にあった車の場合は、普通より悪い査定となることがほとんどです。
とは言え、事故車である事実を伏せているようなことは避けた方がいいです。なぜかと言うと、嘘をついた後に事故車であるとバレて面倒なことに発展するケースをよく耳にするためです。


中古車の買取業者は本職の人たちなのですから、事故車である事実を伝えずにいてもバレるのは時間の問題です。



心を乱すような事が起きないようにするためにも、一番よいのは、嘘をつかないで申告する事です。

カービュー車査定の流れはだいたい以下のようになります。まずは申し込みをしていきます。電話、もしくは直接来店して申し込みを依頼する方法、インターネットを使って申し込みする方法もあります。
申し込みが済みましたら、査定です。

買取、査定の担当者が車の状態などから買い取る額を割り出し、その額に納得いただけたら成約しましょう。


以上が車買取の流れです。



売買予定の車の見積額が下がってしまう主要な原因は幾つか存在しますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。ものによっては査定金額が付かないところまで下がってしまう時もあるのです。
でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。


自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。そしてそれを基準に「何年落ちの車」などと言って古さを表します。実際には製造年からカウントするのでなく、初めて登録した年から数えるので間違えないようにしましょう。



価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば値段がつかない車も出てきます。
売っても儲けは僅かでしょうが、もし購入する気持ちで考えてみると、その中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。



車が査定で値がつかなかったときにも引き取りの際、廃車にするということも可能です。その場合、直接、買取業者が引き取りに応じる時と、廃車を買い取ることを専門にしている業者を紹介されることもあります。ナンバー返納の代行をやってもらえる場合もあり、廃車にかかる手数料を負けてくれる業者も少なからずあります。
自動車税であったり、自賠責保険料であったりの返納の手続きもあるので、事前に何の書類が必要で費用はどのくらいなのか調べておきましょう。
仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。親密な間柄のこととは言え、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、大切な項目だけでもきちんと書面にしたためるべきです。


書面に書き残すのを面倒くさがる相手は、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、簡単に売買するのは避けた方が賢い選択ですね。
もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、車を買取業者に持ち込んで査定を受け、売買することが決まり契約した後に減額請求がなされてしまうことも起こり得ます。
それでも、「しっかり検査してみたところ、不具合がありました。


なので買取額を減額します」と言われてしまったとしても認めなくていいのです。
その不具合を知っていたのにあらかじめ伝えなかったのならば問題ですが、そうではないという時には減額には応じずに、契約を破棄する旨をしっかりと伝えましょう。